2016年12月2日金曜日

時の流れの中で…

12月ですね。

今年も終わりに近づいてきました。


毎年毎年、毎日毎日、どんどんずんずん時間は過ぎていきます。


凄い勢いで流れていく時の中で…

変わりゆくもの、変わらぬもの…

そんなまわりの全てや自分自身の内なるものを、感じながら受けとめながら、今を生きているTearです^_^


日々、様々な出会いや別れを繰り返し巡る縁の中…


今年はとてもとても辛い別れがありました。

またいつか、そんなお話も綴れる時が来ればなぁと今は思っています。


そんな悲しみの裏側で、とても神秘的な素敵な出会いもありました。


素敵な出会いの中のふたつ。

それは、白い仔馬と真っ白な仔犬との出会いでした。

春に出会った仔馬。

そして、秋に出会った仔犬…。


今年は白なのかも!



いつだったか…

Tearは、名付けることをとても大切に、とても楽しんでいることをお話ししたことがありましたが…


出会いはいつも嬉しいし、そして、その相手に名前を付けるとなると、今もやっぱりワクワクしてしまいます。


ちょっとした縁から春に出会った白い仔馬には、Neoがとても惹かれているようでした。

生まれてまだひと月にもならないその仔馬の風貌、神秘的な瞳、そして何より可愛く心惹かれたのが、そのピリっとした態度というか反応だったそうですが、そこは普通は惹かれないところです!(笑)

ピリッとしているところは可愛いところでもないですし(笑)


まあ、敏感で繊細な馬が好きなNeoらしい観点ですが…。


そして、縁が繋がり、その仔馬はエオの谷に来ることになりました。

後でわかったことですが、その仔馬のお祖父ちゃん馬は、WATAWOOSTERという馬で、今、NeoTearが支持しているプロホーストレーナーの玉置さんが以前コンビを組んで全日本選手権レイニングを優勝した馬だったのです。


縁とは不思議で面白いものです。


そんなこんないろんな意味合いを持ってエオの谷にやって来た白い仔馬は、「Wil (ウィル)」と名付けました。

その意味は、

Will…決意…

そして、Wird ウィルド…白紙のルーン…宿命…運命の分岐点…物事は白紙である…


エオの谷が12年めに入った今年。

もう一度、初心に戻り、そして新たな一歩をと思っていたNeoTearにはピッタリの「白」!に出会った気がしたのです^_^


そんなWilを育てながら、これまた不思議と繋がった真っ白な仔犬。


その小さな小さな「真っ白」を腕の中に抱き、ふと頭に浮かんだのは…

穏やかな穏やかな海…でした。


この仔は、「凪(ナギ)」だな。


同じ白い仔なのに、考えてみると、なんだか真逆な名前を付けていました。


真逆だけれど、今の自分たちに必要で進むべき道のような気がしています^_^



さてさて、どんな風に育っていくのやら…

それは後のお楽しみということで(笑)







iPhoneから送信

2016年11月27日日曜日

美土里小学校訪問

この秋はいつになくバタバタとしております。

と…blogが滞っている言い訳を一応、させてくださいm(_ _)m


9月10月11月と…

通常のエオの谷業務の合間に、県外に出かけることも多く、Tear的には体力ギリギリかもな感じです(笑)

そう見えないらしいんですけれど、虚弱なもので…f^_^;


そんなバタバタの中でも、これだけは絶対に続けております!


毎年恒例の美土里小学校訪問!


「エオの谷」が美土里町で産声をあげて、11年半…

地元の皆さまに力強く支えられ温かく見守っていただき、今日に至っておりますこと、日々感謝です。


その感謝の気持ちを美土里の子ども達にお返しすることができたら…

そして、TearとNeoが馬と歩み続ける意味を伝えられたら…


そんな思いの学校訪問も14年になります。

本当にご縁を感じるのは、14年前に美土里小学校で初めてお会いした校長先生が、今また美土里小学校の校長先生であること…めぐる縁とは不思議なものですね。


そして、

12年前とは、一緒に学校に行く馬も、子ども達の顔も変わったけれど…

12年前のあの日と全然変わらないキラキラな空気と子ども達の笑顔!


今年もそんな瞬間をめいっぱい感じられ、貴重な時間を共にでき、とても嬉しいエオの谷の1ページがまた、増えました。


いつもご協力いただいております先生方には感謝感謝です。

そして、助っ人のボランティアさんにも、馬達にも感謝感謝です!


この学校訪問がず〜っと続けられますように…

美土里の子ども達がず〜っと健やかでありますように…

そして、素敵な大好きな美土里町がず〜っとここにありますように!













iPhoneから送信

2016年10月29日土曜日

再び馬の町!

なんだかボォ〜っとしている間に、
いえいえバタバタと忙しくしている間に(笑)
気がつけば、10月も終わろうとしています!


秋深しエオの谷?


そして、もう冬の空気の北海道!……に、行ってきました!


新千歳空港から南東に………
ただただ広い海とただただ広い牧場風景を眺めながら、襟裳岬の少し手前の町まで…

日高地方は、本当に馬の風景です。
そして、馬以外に何があるの?(笑)という浦河町で、馬三昧体験をしてきました!

優雅ね〜!というお声が聞こえてきそうですが…(笑)
Tear、ちゃんとお仕事していますよd( ̄  ̄) ハハハ…

前日まで早朝は氷点下???ほどの寒さだったという日高地方!
Tearがいた3日間は、少し暖かく、秋を感じさせてくれました。
ホテルの方も、乗馬ガイドの方も、会う人会う人、本当に今日は暖かいですよ〜!こんな日は珍しいです!と。

ラッキーだった〜!というか…
ラッキーを呼んだのかな…笑

今回はエオ仲間と一緒の旅だったんですが、お天気も気候も良く、楽しんでいただけたかなと嬉しく思っております^_^

新千歳空港に降り立って…
知合いの乗馬クラブさんにちらっと寄り、
馬、馬、馬!の風景を見ながらの南下。
馬馬馬の町の、馬馬馬のホテルに到着。
そして…
JRA日高育成牧場さんを見学させていただき、
町内にある馬事資料館の見学。
そこからの育成牧場内もコースに入っているアエルさんでのホーストレッキング!
そして、帰路の空港到着前に、ノーザンホースパークにも立寄り、
本当に馬三昧の3日間でした!


馬好きにはたまらないかも⁈笑笑


今度は誰と行こうかな(≧∀≦)

2016年10月10日月曜日

秋晴れ

秋晴れです!

台風と秋雨前線の繰り返しで、梅雨のように雨ばかりだったこの1ヶ月。
それでもやっぱり体育の日、10月10日は晴れるんですね。

子どもの頃は、運動会の日だったなぁ…

そして、今は、この上ない乗馬日和!


お日さまを浴びながら、少しひんやりした風が心地いい1日でした。

2016年9月21日水曜日

落としもの

お天気が悪いと朝夕はもう寒いです。
思わず、コタツかストーブが気になり始めているTearです(笑)

さてさて、そんなお外は、秋の味覚でいっぱい!
お散歩道には、可愛いシバ栗がコロコロ。
和クルミもコロコロ。
でも、毒キノコさんもゾロゾロ。

そして、今朝、エオの谷のお庭によく熟れた柿の実が。
コロリではなく、ポロリ。

いったい誰の落としものでしょう^_^
NeoとTearの想像力は広がりますが、答えは不明のまんまです。

鳥さんかな?
キツネさんかな?
たぬきさんかな?

残しているところをみると、イノシシさんではないですね(笑)

2016年9月15日木曜日

放牧場整備中

今日は曇り空のエオの谷です。
風も心地よく作業日和^_^

馬肥ゆる秋に向けて、放牧場の整備をしています。

そんな作業中、エオの谷ののんびり馬たちは、
「何なに?何してるの?」
といつも寄ってきます。

重機にも人のすることにも興味深々です。

2016年9月9日金曜日

秋の香り

やっとやっと秋めいてきたエオの谷です。


夏の終わり秋の始まりを一番感じさせてくれるのは、稲刈り風景でしょうか。
エオの谷近辺は、コシヒカリが多いので、ちょっと早めの稲刈りです。

稲刈りの香りがとても心地よく、季節が変わるのを感じているうちに、風景もどんどん変わっていきました。